成巽閣ヘッダHOMEへ
成巽閣のあらまし成巽閣のみどころ所蔵品展示室展示・催し物お知らせ利用案内お問い合わせ

成巽閣のみどころ

 文久3年(1863年)、奥方のために建てられたこの建物は当初、巽御殿と呼ばれました。金沢城から見て巽の方角(東南)にある事、京都の鷹司家が辰巳殿と呼ばれていた事にちなんで、こうした名前がつけられました。
 前田家13代齊泰は12代奥方に対して、細やかな心配りに満ちた優しく雅な空間を造りあげています。階下の材には紅い漆を用い・壁は土を使わず紙貼りとしました。その上に金や雲母を用い雲や有職の文様が施されています。さらに障子の腰板には様々な愛らしい絵が描かれていて(蕨(わらび)・土筆(つくし)・蒲公英(たんぽぽ)・水仙・万年青(おもと)・菫(すみれ)・蝶・亀など)御殿を春の色に彩っています。小鳥の絵が描かれたオランダ渡りのギヤマン、「謁見の間」の極彩色の欄間や「群青の間」を代表とする階上の鮮やかな色壁など、豊かな彩色はこの御殿の大きな特色です。
御寝所の「亀の間」は「万年青の縁庭園」に面しています。そこには樹木で表現された大きな亀が置かれ、心安らぐ水音とともに奥方の眠りを守っていました。繋がる「つくしの縁庭園」は御居間である「蝶の間」に面しています。約20mの長いつくしの縁には柱が1本も無く御部屋からの眺めに配慮され、また、ここでは小鳥を愛でるために水音は消されています。
 階上は趣きが一変します。階下と異なり白木を用いているのですが、一方さまざまな色壁を大胆に用いています。また天井の意匠を部屋ごとに変え、木の杢目を駆使した極めて斬新なものです。


謁見の間
松の間
書見の間
謁見の間写真
松の間写真
書見の間写真

各部屋の名称もしくは写真をクリックすると、詳細がご覧いただけます。


成巽閣フッタ