成巽閣ヘッダHOMEへ戻る
成巽閣のあらまし成巽閣のみどころ所蔵品展示室展示・催し物お知らせ利用案内お問い合わせ


◆ただいま開催中の展示を順次ご紹介して参ります。
 次郎左衛門雛 預玄院所縁
成巽閣に遺されている前田家の雛人形の中で最も大きく、かつ古い部類に属します。(H26.2.6〜4.14「前田家伝来 雛人形雛道具特別展」にて展示)
 黄縮緬地網干山水模様染繍小袖
極めて珍しい黄色を地色とした小袖です。網干、松、梅、菫、蒲公英や御簾、小船などが春霞の中の景色として描かれ、明るく華やいだ印象を与えてくれます。(H21.12.3〜H22.2.1「前田家伝来 冬の衣裳と調度展」にて展示)
 赤繻子地花熨斗七宝模様染繍夜着
この夜着は、一般的な夜着地という大柄な模様とはかけ離れて、大名の奥方衣装である事を物語っています(H21.12.3〜H22.2.1「前田家伝来 冬の衣裳と調度展」にて展示)
 赤縮緬地松竹梅鴛鴦模様総繍小袖
松、梅、菊、水仙、鴛鴦や御殿、袖垣が刺繍で描かれ、表現も裾は大きく背中へ向かうにつれ小さくなるという遠近の技法も用いられています。(H21.12.3〜H22.2.1「前田家伝来 冬の衣裳と調度展」にて展示)
 御所人形 宝持ち、宝船曳き
(H21.4.23〜6.29「前田家伝来 御所人形展」にて展示)
 白絽地桧垣文様臥蝶花菱紋袿
(H20.7.3〜9.29「前田家伝来 夏衣裳と調度展」にて展示)
 鶸萌黄紗地藤鳳凰紋袿
(H20.7.3〜9.29「前田家伝来 夏衣裳と調度展」にて展示)
 小さな御所人形たち
高さ3cmくらいのかわいい御所人形のグループです。いろいろな表情が楽しめます。(H20.4.17〜6.30「前田家伝来 御所人形展」にて展示)
 有職雛 一対
この小さな雛一対は、前田家15代生母、挺秀君が「橘印」であった事から所縁の品であると考えられます。(H20.2.7〜4.14「前田家伝来 雛人形雛道具特別展」にて展示)
 有職雛 夙姫
正装、常用など着せ替えの装束を持つ雛もあり、公卿が特別に注文して作らせたものです。(H20.2.7〜4.14「前田家伝来 雛人形雛道具特別展」にて展示)
 有職雛
当時の公卿の装束が忠実に表現されている雛人形です。(H20.2.7〜4.14「前田家伝来 雛人形雛道具特別展」にて展示)
 長持
一番大きな物は畳4枚の物があったようです。(H19.9.27〜11.26「前田家伝来 奥方の婚礼調度と衣裳展」にて展示)
 夜着
成巽閣には前田家奥方の伝来品が保存の良い状態で残されており、夜着は展示の品を含めて8点を数える。(H19.9.27〜11.26「前田家伝来 奥方の婚礼調度と衣裳展」にて展示)
 浅葱紋繻子地水辺鴛鴦模様総繍小袖
展示の品は13代奥方 景徳院所有の品と考えられております。(H19.9.27〜11.26「前田家伝来 奥方の婚礼調度と衣裳展」にて展示)
 紫納戸絽地御所解文様繍単衣
源氏物語を題材としています(H19.6.28〜9.24「前田家伝来 夏衣裳と調度展」にて展示)
 紅繻子地幸菱紋単
織によって菱の紋が全面に描かれています。(H19.6.28〜9.24「前田家伝来 夏衣裳と調度展」にて展示)
 夏扇
孔雀・雀などが描かれています。(H19.6.28〜9.24「前田家伝来 夏衣裳と調度展」にて展示)
 白麻地流水羽団扇花熨斗模様染繍帷子
さまざまな刺繍の技法が全面に駆使され華やかに彩られています。(H19.6.28〜9.24「前田家伝来 夏衣裳と調度展」にて展示)
 花熨斗衣裳の御所人形
吉祥文様の衣裳を着せた御所人形(H19.4.19〜6.25「前田家伝来 御所人形展」にて展示)
 びんぷく人形と衣裳人形
立ち姿で衣裳を着せた御所人形です(H19.4.19〜6.25「前田家伝来 御所人形展」にて展示)
 宝を携えた幼児姿の御所人形たち
たくさんのお人形を並べております(H19.4.19〜6.25「前田家伝来 御所人形展」にて展示)
 幼児姿の御所人形
珍しい立ち姿の御所人形(H19.4.19〜6.25「前田家伝来 御所人形展」にて展示)
 12代奥方、隆子(真龍院)の次郎左衛門雛
隆子からやがて子息、齊泰に託された200年程前のお雛さま。(H19.2.8〜4.16「前田家伝来 雛人形雛道具特別展」にて展示)
 室町雛から次郎左衛門雛へ
250年前より少し古いお雛さまかもしれません。(H19.2.8〜4.16「前田家伝来 雛人形雛道具特別展」にて展示)
 次郎左衛門雛、初期の雛
250年位前の雛と考えられています。(H19.2.8〜4.16「前田家伝来 雛人形雛道具特別展」にて展示)
 ごあいさつ
前田家伝来 雛人形雛道具特別展開催にあたって。
 動作確認
テストしています。

<「所蔵品展示室」へ戻る>

成巽閣フッタ